人前で靴を脱げますか?爪水虫が気になるなら靴もケアして!

仕事から帰ってきて靴を脱ぐ瞬間は、何とも言えない解放感があります。しかし、解放感の次に押し寄せてくるのは、あの嫌な足臭です。自宅ならまだしも、お付き合いでお座席に上がらないといけない場合、あなたならどうしますか?靴のニオイは汗だけが原因ではありませんので、しっかり靴をケアして足臭からも解放されましょう。

靴が臭うのは雑菌のせい

靴が臭うのは雑菌のせい

雑菌を繁殖させる条件は、高温多湿で栄養が確保できるという環境です。そもそも私たちの体には常在菌がいて、足裏にも数多くの種類が住んでいます。

靴の中というのは密閉性が高く、足裏の汗に体温と歩行時に発せられる摩擦熱が加わると、高温多湿という条件をあっという間にクリアしています。

また、足裏には古くなった角質があるため、雑菌はそれをエサにして繁殖を続けるのです。角質の主成分はタンパク質の一種であるケラチンですから、雑菌によって分解されると悪臭の元になります。

靴のケア方法

密閉性の高い靴は、履くだけで雑菌が繁殖しやすい環境が整ってしまうため、フレッシュに保つ工夫として靴のケアをしましょう。

革製&エナメル

まず、靴表面についた汚れをブラシで払い落とします。清潔な布を水で濡らして固く絞り、内側を丁寧に拭いたら、そのまま外側の汚れを落としましょう。仕上げに乾いた布で水気を取って、風通しの良い日陰で1日程乾かします。

布製の靴

ブラシで靴表面の汚れを払い落としてから、中性洗剤を水で薄めた液体に浸し、泡立てるようにブラッシングをします。洗剤が残らないように丁寧にすすぎ、タオルである程度の水気を吸い取ったら、風通しの良い日陰で1日程乾かします。

爪水虫が気になる場合は靴を履く足のケアも大切

爪水虫が気になる場合は靴を履く足のケアも大切

靴のケア方法だけでは完璧とは言えません。水虫も爪水虫も原因菌はカビの一種である白癬菌です。水虫も爪水虫も自然治癒はしませんので、見つけ次第、水虫薬や医師から処方される内服薬で繁殖を抑えましょう。

ちなみに、水虫の治療は、薬用せっけんで足を清潔にして、水気をふき取った後に、水虫薬エフゲンや水虫薬エフゲンクリームなどを使って治療する方法はおすすめの方法の一つです。

爪水虫の場合は、爪を削ってから塗布し、飛び散った爪に潜む白癬菌によって、周囲の人に水虫がうつらないように、スリッパや5本指ソックスを履くことをおすすめします。

一般的に靴の中は、梅雨時期の浴室と同じような環境が整っています。人にとっては不快な環境でも、雑菌にとっては衣食住が揃った最高の場所です。何もせずにいると増え続けてしまいますので、密閉性が高く湿気もこもりやすいビジネス靴やパンプス、ブーツなどは、きちんとケアをしましょう。

液体と軟膏タイプの外用薬で爪水虫のケア

会社名 大源製薬株式会社
所在地 〒660-0085 兵庫県尼崎市元浜町5-79
電話 06-6418-0278
URL http://www.e-daigen.co.jp