水虫・爪水虫がペットにうつるって本当?

人に感染した水虫・爪水虫の原因である白癬菌が、犬や猫にうつることを、またその逆でペットから人へ白癬菌がうつることをご存知でしょうか。特に室内飼育のペットは人と接触する機会も多く、家の中のあらゆる場所が感染経路と成りえますので、注意が必要です。ここでは、現在、自宅でペットと暮らしている方向けに、人からペット、ペットから人へ感染する水虫・爪水虫の原因菌「白癬菌」についてご説明いたします。

ペットの水虫は円形脱毛症のこと

ペットの水虫は円形脱毛症のこと

飼い主が水虫・爪水虫になっている場合、糸状菌(皮膚糸状菌)や白癬菌が原因で、愛犬に円形脱毛症が現れることがあります。糸状菌は非常に感染力が強く、感染すると皮膚・被毛・爪の中で繁殖するため、感染部位が円形脱毛を起こします。

脱毛が起きやすい場所は、主に頭や顔、四肢、尻尾などです。脱毛した部位は赤みを帯びて発疹が現れ、やがてかさぶたができて、角質がボロボロと落ちるようになります。

実はなかなか気づきにくい

初期段階は脱毛が少なく、かゆみもほとんどないため、愛犬の変化に気づけない飼い主は少なくありません。酷くなると感染部位に腫れや出血が起きて、ただれるケースもありますので、こまめに体をチェックするようにしましょう。また、人の水虫は子犬や老犬、免疫力が低下している犬がかかりやすい傾向にあります。

家の中の感染経路について

家の中の感染経路について

スキンシップ

室内飼育は飼い主との距離感が近いため、スキンシップで人獣共通感染症の白癬菌がうつってしまいます。飼い主自身が水虫・爪水虫を治してもペットに感染していたり、ペットの治療が終わっても飼い主が治療中だったり、イタチごっこになる場合も…。初期段階でペットに皮膚炎が見つかった場合は、飼い主も一度調べることをおすすめいたします。

自宅の床は特に要注意

飼い主が裸足で過ごすことが多いと、かかとの角質がボロボロと落ちたり、脆くなった爪が床に散らばったりします。そこにペットが座り込んだ場合、感染しやすいです。もちろん、その逆もあります。お互いにとって安全な環境をつくるためにも、頻繁に掃除機をかける、ブラッシングやシャンプーをこまめに行う、敷物やマットを洗うなど清潔な状態を保ちましょう。

飼い主に水虫・爪水虫が見つかった場合

水虫薬を活用しましょう。市販薬には液体やクリームタイプといった外用薬があります。爪の間には染み込みやすい液体タイプ、かかとには塗りやすいクリームタイプと使い分けて、完治に向けて取り組むことが大切です。
※誤ってペットが水虫薬のクリームを舐めないよう、取り扱いには注意してください。

飼い主はもちろん、ペットの健康を守るためにも、水虫・爪水虫は早めの治療が必要です。多頭飼育をしている場合は、他のペットにも感染を広めるおそれがありますので、住居内の環境を整えて心地よく過ごしましょう。

大源製薬でご案内する水虫用クリーム!爪床水虫の悩みも気軽に

会社名 大源製薬株式会社
所在地 〒660-0085 兵庫県尼崎市元浜町5-79
電話 06-6418-0278
URL http://www.e-daigen.co.jp