爪水虫は気づきにくい?~爪水虫の特徴や初期症状について~

水虫は皮膚だけではなく、爪にも発生します。初期段階の爪水虫は、かゆみや痛みなどの水虫特有の症状がないため、気づきにくいことが多いです。

そこで今回は、爪水虫の特徴や初期症状についてまとめてみました。

症状に気づきにくい?爪水虫とは

症状に気づきにくい?爪水虫とは

水虫は皮膚だけではなく、爪にもできることをご存知でしょうか?

通常、爪の表面は硬いため、白癬菌が入り込むことは少ないです。しかし、足の汗や蒸れを放置すると、白癬菌が好む汚れ(タンパク質のケラチン)が足に溜まり、菌が増殖します。

その菌が爪の周りや爪床、爪と皮膚の間などから入り込んで、爪水虫へと感染が進行してしまうのです。

爪水虫は、足の水虫とは異なり、かゆみや痛みなどの症状がありません。進行を防ぐためには、足の水虫は早めの治療を行い、日頃からご自身の爪の状態をチェックすることをおすすめいたします。

爪水虫かも?爪の状態をチェック

爪水虫かも?爪の状態をチェック

爪水虫の初期症状では、爪が白く濁ったり、白い筋状の線が現れたりします。爪の先端から根元に向かって症状が拡大していき、爪の色は白色から黄色、黒色へと変色するのが特徴です。

さらに症状が進むと爪が厚みを帯び、靴にあたると痛みを感じることもあります。厚くなった爪は非常にもろく、ボロボロと剥がれ落ちていき、そのかけらが新たな水虫の原因になることも考えられます。

足の爪の色が変色している、爪に厚みがでてきたという場合には、爪水虫を疑ってみましょう。

爪水虫は女性がなりやすい?

爪水虫の感染に男女差はありません。ほとんどの爪水虫はいきなりなるのではなく、足の水虫の治療を放置していた結果、爪にも感染したという方がほとんどです。どうぞ、いま水虫に感染していて、まだ治療を始められていない方は、爪水虫になる可能性が高いので、早めに治療を開始してください。

事実、長年水虫を患っておられるご高齢者の方というのは、爪水虫に感染される割合が非常に多い傾向にあります。この場合、白癬菌が相当、手ごわくなっているため、治療にもそれなりの時間を要しますので、まだ水虫に感染して時間が経っていない場合、早めに治療することが大切です。

なお、爪水虫は、男性よりも女性のほうが、爪水虫を気にする割合が高いとも言われています。女性の中には、爪水虫になったことに気づかず、ペディキュアを塗って誤魔化し続けた結果、爪水虫が進行してしまうケースもありますので、注意しましょう。

水虫は性別を問わず、誰でも感染する可能性があります。水虫の悪化を防ぎ、完治させるためにも、大源製薬の塗り薬を試してみませんか?

大源製薬の水虫薬は液体になっており、男性はもちろん、妊婦さんや授乳中の女性にもご使用頂けます。また、水虫薬エフゲンクリームは、これまでの水虫薬エフゲンの成分に保湿効果のある尿素をプラスしております。クリーム状になっておりますので、かかとにも塗りやすいです。

さらに、水虫薬エフゲンfor womenは、エフゲンの成分はそのままに、お洒落で可愛らしいパッケージに入っております。ボトル容器もアロマオイルのような見た目なので、お部屋にそのまま置いても水虫のお薬だと気づかれにくいですし、バッグの中に入れて携帯することも可能です。

男女を問わず、水虫にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

水虫の種類

水虫のお薬の種類

水虫の治療中で気をつけたいこと

水虫の感染経路

爪水虫とは?

足のニオイの対処法

フットケアの重要性

フットケアグッズの人気ランキング

爪水虫の塗り薬なら大源製薬

会社名 大源製薬株式会社
住所 〒660-0085 兵庫県尼崎市元浜町5丁目79
電話 06-6418-0278
URL http://www.e-daigen.co.jp