水虫のお薬を塗った後は?~日常生活での注意点~

水虫は完治するまでに時間がかかります。症状に合わせたお薬を塗ることも大切ですが、状態を悪化させないように普段の生活にも注意しましょう。

こちらでは、お薬を塗った後の注意点および日常生活で気をつけたいことをご説明いたします。

水虫のお薬を塗った後…靴下は履く?履かない?

水虫のお薬を塗った後…靴下は履く?履かない?

靴下を履くと、指と指同士が密接になり、靴下内の湿度や温度が上昇するので、水虫菌である白癬菌が増殖することがあります。そのため、水虫の治療においては、足を常に乾燥させることが大切です。

ただ、冬場などは足が冷えやすいため、靴下を履きたい方も多いと思います。どうしても靴下を履きたい場合には、通気性・吸湿性に優れた靴下(綿やシルクなど)を選ぶか、5本指ソックスを履くようにしてみてください。

なお、足を清潔に保つためには、足が蒸れたと感じたらこまめに靴下を履き替えることも大切です。使用した靴下はしっかりと洗い、乾燥させてから使うようにしましょう。

部屋の掃除も忘れずに

部屋の掃除も忘れずに

水虫によって剥がれた皮膚の中には、時間が経過しても数多くの白癬菌がおり、次なる感染先を狙っています。剥がれた皮脂に残っている白癬菌の感染力は低くないので、こまめに部屋の掃除を行うようにしましょう。

特に、浴室や台所にあるマット類は、白癬菌の温床になりやすく、注意が必要です。ご家族への感染予防のためにも、毎日洗濯を行い、可能であれば、マット類は家族と共用しないようにしましょう。

また、タオル・スリッパなどは、必ず一人ひとり専用のものを使いましょう。

足を清潔に保つことも大切!

手洗いやうがいと同様、帰宅後は足を洗うように心掛けましょう。洗い方のポイントは、足の指一本一本を意識して洗うことです。

どうしても洗えない場合は、アルコールを含んだティッシュペーパーや脱脂綿を使用して、白癬菌の増殖の手助けをする皮脂を拭き取るようにしてください。

また、足の趾間部分は蒸れやすいので、趾間用汗取りパッドなどを使うなど、常に足の蒸れ対策を行うことが大切です。

水虫は、家族や周囲の方への感染リスクがありますので、しっかりと治療を行う必要があります。水虫のお薬をお探しの方は、大源製薬をご利用ください。

大源製薬が扱う水虫のお薬には、抗真菌作用があるウンデシレン酸と、抗真菌作用・角質剥離作用があるサリチル酸という二つの成分を配合しております。第二類医薬品の塗り薬となっておりますので、飲み薬が苦手な方・妊娠中の方もご利用頂けます。

水虫の種類

水虫のお薬の種類

水虫の治療中で気をつけたいこと

水虫の感染経路

爪水虫とは?

足のニオイの対処法

フットケアの重要性

フットケアグッズの人気ランキング

水虫の薬をお探しなら大源製薬へ

会社名 大源製薬株式会社
住所 〒660-0085 兵庫県尼崎市元浜町5丁目79
電話 06-6418-0278
URL http://www.e-daigen.co.jp