水虫を悪化させるかも?気になる水虫治療中のNG行動

水虫の治療中に間違えた行動をしてしまうと、水虫を悪化させる可能性があります。

水虫の治療中に避けたいNG行動をまとめておりますので、是非参考にしてみてください。早めの完治を目指して、日常のケア・行動に気をつけましょう。

水虫の治療中に温泉・プール・海水浴はNG?

水虫の治療中に温泉・プール・海水浴はNG?

水虫の原因となる白癬菌は、感染者の皮膚から剥がれ落ちた角質内にも存在しています。そのため、不特定多数の人が裸足で利用するプールや温泉などの施設の利用には、注意が必要です。剥がれ落ちた白癬菌の付着した皮膚がマット類に付着して、周囲の人に感染してしまう可能性があるからです。

また、水虫の状態が悪いと傷口から菌が入り、化膿してしまうこともあります。水虫の治療中でも温泉・プール・海水浴は構いませんが、ジュクジュクした水虫など、水虫の傷口が気になる場合などは、こうした足元が濡れる行為は控えて、足元を乾燥させることをおすすめいたします。

水虫の悪化を招くNG行動

水虫の悪化を招くNG行動

24時間以上足を洗わない

水虫を悪化させないためには、足をきれいにしておく必要があります。白癬菌は、皮膚内に侵入して感染するまでに、約24時間かかると言われています。そのため、24時間以内に足を洗うことが大切なのです。

帰宅したらすぐに、石鹸で足の指の間や足裏を洗うことを習慣づけましょう。皮膚を傷つけないように石鹸をよく泡立てて、優しく洗うのがポイントです。

2日以上続けて同じ靴を履くこと

ブーツ・サンダル・ミュールなどを履いた後は、気づかない間に汗が染み込んでいますし、革靴などそもそも湿気が抜けにくい靴などを2日以上続けて履くと、高い湿度を好む白癬菌が増殖しやすくなります。

使用後は、靴の中を除菌シートで拭いたり、風通しの良い場所に干して乾燥させる、もしくはブーツキーパーや乾燥材を用いて、靴の中を乾燥させてから履くようにしましょう。

水虫の悪化を防ぐためには、日常生活を意識することに加えて、自分に合った治療薬を選ぶことも大切です。水虫の症状にお悩みの方は、大源製薬の水虫薬エフゲンをお試しください。

水虫薬エフゲンは、サリチル酸で足裏の角質層をポロポロと剥がし、ウンデシレン酸で足元を抗菌する水虫薬です。たまに、角質層がボロボロになることで、水虫薬エフゲンを塗るのを止めてしまう方がおられます。水虫薬エフゲンでの治療の際、足裏の角質層がボロボロし始めるのは、お薬が効いている証拠ですので、使用を継続してください。

また、水虫の治療をされていても、日常生活で不潔にしていると治療の意味がなくなってしまいます。足元は常に清潔さを保ち、しっかり乾燥させる意識をもつことも大切です。

他にも、水虫薬エフゲンの成分に、肌を保湿・保護する尿素をプラスした水虫薬エフゲンクリームも販売しております。エフゲンクリームはかかとの水虫と相性がよく、足裏がガサガサしている方や、ひび割れしている方にもご使用頂けます。水虫対策のためのフットケア用品なども扱っておりますので、足元をきれいに保ちたい方は是非ご相談ください。

水虫の種類

水虫のお薬の種類

水虫の治療中で気をつけたいこと

水虫の感染経路

爪水虫とは?

足のニオイの対処法

フットケアの重要性

フットケアグッズの人気ランキング

水虫の治療でお悩みなら大源製薬

会社名 大源製薬株式会社
住所 〒660-0085 兵庫県尼崎市元浜町5丁目79
電話 06-6418-0278
URL http://www.e-daigen.co.jp