水虫の治療に最適なお薬を安心のコストでお求めなら~角質のケアの重要性~

水虫の治療でお薬をお探しの方は【大源製薬】へ~安心のコストで水虫治療が可能~

水虫治療お薬をお探しの方は【大源製薬】をご利用ください。水虫は周囲への感染リスクが高いからこそ、しっかりと治療を行い予防するなど対策が必要不可欠です。

【大源製薬】が扱う水虫のお薬には、抗真菌作用があるウンデシレン酸と角質剥離作用があるサリチル酸という2つの成分を配合しております。第二類医薬品の副作用の少ない塗り薬なので、飲み薬の苦手な方、妊娠中・授乳中の方も安心してお使いください。

水虫は根気強く治療を続ける必要があるので、治療にかかるコストはできるだけ抑えたいものです。【大源製薬】のお薬は全て安心価格でお届けしておりますので、コストを気にせず水虫治療ができます。

肌を守る役割の角質には日々のケアが重要

肌を守る役割の角質には日々のケアが重要

角質とは、肌を守るための組織です。働きとしては、紫外線や化学物質などのありとあらゆる外敵から肌を守るだけでなく、同時に保湿の役割も果たしています。人の肌はおおまかに一番上の表皮・真ん中にある真皮・内側にある皮下組織に分かれています。

角質は表皮にあたり、約28日のサイクルで新しく生まれ変わります。通常、古い角質は垢などと一緒に剥がれ落ちますが、生まれ変わるサイクルが乱れると古い角質がそのまま残ってしまいます。

サイクルが乱れたまま古い角質が溜まっていくと、厚い層となって肌を覆います。この不要な角質が溜まっている状態を「角質肥厚」と言います。

古く固まった角質層はひび割れを起こし、水虫にも感染しやすくなるので、定期的に角質除去を行い、清潔に保つことが重要です。しかし、角質を単に取り除けばいいという訳ではありません。角質には肌を守る役割がありますので、適度な角質除去と日々の保湿ケアを心がけてください。

水虫の治療でお困りの方は【大源製薬】の水虫薬のご使用を

水虫の治療でお困りの方は【大源製薬】の水虫薬のご使用を

水虫の治療でお困りでしたら、【大源製薬】の「水虫薬エフゲン」をご使用ください。

患部にお薬を塗ると、1週間ぐらいで足の角質がボロボロになりはじめます。これはお薬の成分が効きはじめている証拠ですので、安心して使い続けてください。ここで辞めずに、しっかりと水虫菌に冒された角質を剥がし続けることが大切です。

10日~90日間かけてしっかりと角質を剥がし続け水虫治療を行うことで、水虫が再発しにくい足裏へと生まれ変わります。

お役立ちコラム

水虫の治療をするなら【大源製薬】

会社名 大源製薬株式会社
所在地 〒660-0085 兵庫県尼崎市元浜町5-79
電話 06-6418-0278
URL http://www.e-daigen.co.jp