水虫のお薬を塗る期間の目安は?

水虫の治療中、どのタイミングでお薬を止めれば良いのかと、判断できずに困る方も多いと思います。水虫のお薬を塗る期間は、水虫の症状や種類で差があります。

こちらでは、一般的な水虫薬を塗る期間の目安、および水虫薬エフゲンを塗る期間の目安をまとめました。

水虫のお薬を塗る期間

水虫のお薬を塗る期間

水虫の治療中、「どのタイミングでお薬を止めれば良いのか」と判断できずに困る方も多いでしょう。

水虫の症状によって治療に必要な期間は大きく異なりますが、よくある足の水虫の場合、3ヶ月程度が治療の目安だと言われ、かかと水虫の場合は半年以上、爪水虫の場合だと1年以上の治療期間が必要だと言われています。

なお、再発防止を考えると、治ったと感じてから最低1ヶ月以上は塗り続けないと再発する可能性を残してしまうことになるので、注意が必要です。

ちなみに、水虫は途中で治療を止めたり、塗ったり塗らなかったりということをすると、症状が再発する可能性が出るだけでなく、白癬菌がお薬に対して耐性を持ってしまう可能性が高くなります。水虫薬は定められた期間中、もしくは治るまで、根気強く毎日塗り続けることが大切です。

水虫が再発するのはなぜ?

水虫は治療を行えば治るのですが、途中で治療を止めてしまい、再発を繰り返している方が多いです。かゆみが治まったり、水泡が消えたりすると、水虫が治ったように感じますが、菌が活動を休止しているだけの可能性があります。また、足の皮膚は角質層が厚いため、菌が潜んでいることも考えられます。

水虫菌が残っていると、いずれ活動を再開してしまいますので、症状がなくなった後でも根気強く治療を続けることが大切です。

水虫薬エフゲンを塗る期間の目安

水虫薬エフゲンを塗る期間の目安

大源製薬で販売している「水虫薬エフゲン」の使用期間は、初めて水虫の治療をする場合、その症状や感染してからの年月にもよりますが、3ヶ月程度で症状が改善される方が多いようです。

水虫薬エフゲンを塗る期間の目安としては、最初の半月~1ヶ月ほどの間は、少し多く塗り過ぎたかなと感じるくらいの量を1日1~2回、塗って頂き、角質がボロボロに剥がれ始めたら、量を少しずつ減らして1日1回以上、少なくとも3ヶ月間は毎日欠かさず塗ってください。

水虫が治ったと感じてからの1ヶ月間は、再発防止のため、引き続き水虫薬エフゲンを塗って頂きたいのですが、その際は塗る量を2日に1回などにしてもらっても構いません。最後の1ヶ月はベタベタに塗るのではなく、軽くサッと塗る感じで塗って頂ければと思います。

水虫にお悩みの方は、大源製薬の「水虫薬エフゲン」をご使用ください。水虫薬エフゲンを患部に塗布すると、一週間ほどで足の角質がボロボロになりはじめますが、これはお薬の成分が効きはじめている証拠です。

白癬菌に感染した角質をしっかり剥がすことで、再発しにくくなります。妊娠中や授乳中の女性にもご利用頂けますので、健やかな足を手に入れたい方は、水虫薬エフゲンを是非お役立てください。

水虫の種類

水虫のお薬の種類

水虫の治療中で気をつけたいこと

水虫の感染経路

爪水虫とは?

足のニオイの対処法

フットケアの重要性

フットケアグッズの人気ランキング

水虫の治療でお悩みなら大源製薬

会社名 大源製薬株式会社
住所 〒660-0085 兵庫県尼崎市元浜町5丁目79
電話 06-6418-0278
URL http://www.e-daigen.co.jp