かかとを削るのはNG!かかと水虫にお悩みなら

かかとに手を触れたとき、ガサガサしていると感じた経験を持つ人も多いでしょう。ただの乾燥だと判断して保湿やピーリングに専念しがちですが、実はその症状“かかと水虫”かもしれません。

なぜ足裏は乾燥しやすいのか

なぜ足裏は乾燥しやすいのか

それは足の裏に“皮脂腺”がないことが関係しています。顔・腕・足といった皮膚表面は、水分と油分による皮脂膜で覆われているため、普段あまり気にならないですが、足裏にはこの皮脂腺がないため、全身の中でも乾燥しやすくなってしまうのです。

また、かかと部分は元々体重がかかる部位でもあるため、防御的な意味合いも含めて角質層が厚めです。皮膚が生まれ変わるターンオーバーの周期にも時間がかかるため、古い角質が剥がれにくく、寒い季節には乾燥状態がすすんでしまいます。足裏はこのような理由から乾燥しやすいため、空気が乾燥しているときには注意しましょう。

かかとの角質を削ってはいけない理由

かかとのガサガサの感触が気になるから、やすりで削る。実は削り方によっては、NGな対処法になると知っていますか?「今までガリガリ削っていた…」という人も多くいると思いますが、擦るという行為自体、かかとに刺激を与えてしまいます。この刺激によって角質層がより厚くなってしまう場合もありますので、かかとのケアは慎重にしなくてはいけません。

なお、かかとの角質が厚いという人は、“かかと水虫”の可能性もありますので、注意が必要です。かかと水虫の症状は、かゆみが少ない、皮膚がガサガサとしている、硬く厚くなるなど、普通の乾燥状態と似ているのが特徴です。中には、白い粉をふいていて、擦ると皮がボロボロと捲れる場合もあります。

かかと水虫だと気づかずに角質を強く削り過ぎると、皮膚表面の傷から菌が皮膚内部に侵入しやすくなるうえ、カビが好む多湿環境を整えてしまうことにつながります。いつもと違うと感じた場合は、水虫を疑った対策をおすすめします。

足裏・かかとの正しいケア方法

足裏・かかとの正しいケア方法

「かかと水虫を予防したい」「正しいケア方法を取り入れたい」とお考えでしたら、足洗いを徹底しましょう。1日中履いていたストッキングや靴下は帰宅後すぐに脱いで、足の裏やかかと、足指の間をせっけんで丁寧に洗うことが大切です。

そうすることで、万が一菌が付着している場合でも、早めの対処で感染を防げます。もし「既に水虫かもしれない…」という状態なら、通常のケアである保湿は逆効果になりやすいため、水虫薬でのケアが必要です。

水虫ではないただの乾燥状態の場合は、保湿クリームやフットオイルを使うことをおすすめしています。ケアの手順は、お風呂上がりに尿素配合のクリームを塗り、その後フットオイルやワセリンで水分の蒸発を防ぎ、靴下を履くという流れです。入浴後は、角質層が水分を含んで柔らかくなっているため、尿素入りの水虫薬エフゲンクリームを塗ってからエフゲン薬用フットオイルを塗り、靴下を履く方法がおすすめです。ガサガサと乾燥していたかかとも、少しずつ改善していきます。

肌寒くなる季節は、空気が乾燥しやすくなります。特に足裏・かかと部分は、ひび割れやガサつきといった悩みが生じやすく、おしゃれを楽しみたい女性にとって悩みの種です。大源製薬では、液体タイプの水虫薬をご用意しております。男性はもちろん妊婦さん、授乳中の女性にもご使用頂ける塗り薬ですので、この機会に一度お問い合わせください。

かかと水虫の薬をお探しなら大源製薬へ

会社名 大源製薬株式会社
所在地 〒660-0085 兵庫県尼崎市元浜町5-79
電話 06-6418-0278
URL http://www.e-daigen.co.jp