足先の冷えはかかと水虫を招きやすい?

体の冷えが肌荒れや便秘といった美容・健康面に影響すると知っていても、かかと水虫や水虫、爪水虫と関係していることはご存じない方が多いです。こちらでは、冷え性と水虫がどう関係しているのかをご説明いたします。

冷え性の人がかかと水虫になりやすい理由

冷え性の人がかかと水虫になりやすい理由

末端部分の冷えは手足の新陳代謝を低下させ、古い角質が剥がれにくくなります。また、血糖コントロール不良の糖尿病患者さんの足は、新陳代謝が悪く冷え性の方が多いのですが、こういった冷え性で悩んでいる方は、ほとんどと言っていいほど、爪の異常、例えば肥厚や変形が見られます。

新陳代謝が悪い上に、白癬菌の大好物でもある角質が多いため、繁殖しやすいというのも、かかと水虫へと発展してしまう原因としてあるようです。

足が冷える原因

足が冷える原因

そもそも、なぜ冷えが起きるのか原因を知っていますか?足は心臓から最も離れていて、血液の流れ、行き渡る力が少し弱めです。そのため、筋肉の働きによる循環サポートが必要になります。ただ、女性は男性に比べて筋肉量が少なく皮下脂肪が多いため、なかなか体温が上がりにくいという悩みを抱えています。

また、立ちっぱなし・座りっぱなしなど、長時間同じ姿勢を保つ職種も多く、運動量が少なくなると必然的に代謝・血の巡りが悪くなってしまいます。つまり、エネルギーとなる熱が全身に行き届かないため、どうしても足先が冷えやすくなってしまうのです。

寒い日はもちろん、夏場のエアコンが影響して、年中足が冷えていることもあります。室温をコントロールするだけでなく、他にも対策する必要があります。

冷えの辛さを解消!その方法とは

足先の冷えを改善するのに適した方法は「運動」です。日中働いている方、家事・育児をしている方も、ちょっとした隙間時間や休日、仕事帰りなどを利用して、少しずつ運動をするようにしましょう。そうすることで、徐々に筋肉量が増えて、体温も上がりやすくなります。

場所を選ばず気軽にできる運動

両足を肩幅に開いたら、ゆっくりと息を吐きながらつま先立ちの状態になります。このとき、胸を張って背筋はピンと伸びた状態を意識しましょう。その後は息を吸いながら元に戻す動作を、大体5~10回繰り返します。この運動で血行促進・むくみの緩和・腹筋を鍛えることも可能ですので、是非お試しください。

冷え性だと感じたら、適度な運動を取り入れて体温を上げるようにしましょう。ただ、靴下を履いた足裏が蒸れ続けると、水虫を引き起こす可能性もあるため、水虫の市販薬でケアする意識も大切です。足裏や足の指の間に違和感がある際は、水虫対策として大源製薬の塗り薬をお役立てください。水虫薬エフゲンは、お子様からご高齢の方まで、年齢層幅広くご利用頂けます。水虫対策でお悩みの方は、水虫薬エフゲンをお試しください。

かかと水虫の薬をお探しなら大源製薬へ

会社名 大源製薬株式会社
所在地 〒660-0085 兵庫県尼崎市元浜町5-79
電話 06-6418-0278
URL http://www.e-daigen.co.jp